夜のアジア接待風俗辞典

中国カラオケ接待の風景 episode1

夜のアジア接待辞典chinaktv

昔一緒に仕事をした中国にいる友人に中国のカラオケ接待事情を面白可笑しく
書いてとお願いしたら早速体験談(たぶん脚色している)と思われる文が届きました。

 

あいつ文才あるなぁーと思いつつ、結構皆さん似たような経験あるのではないでしょうか!?(苦笑)

 

--------
中国でのカラオケ接待体験談@

 

俺は、建設会社で働くサラリーマン。
いわゆる、中堅ゼネコンの現場監督だ。

 

日本で、あらゆる公共工事を担当し、そろそろ現場所長に出世かと思ったところで、現場で事故を起こしてしまい…あえなく出世街道から転落。
今は、中国の上海に飛ばされて、ちょうど1年が経つ。

 

なんせ中国人は、ベラベラとよくしゃべる生き物だ!
毎日、聞いているだけで疲れてしまう。

 

おっと…俺の話しはそれくらいにしといて
そんな俺の元へ最近は、昔、世話になった商社マン達が、中国(上海)に出張に来るたびに俺に会いに来てくれる。
目的は、日本の資材の売り込みと、中国資材の買い付けだ。
けして俺も暇ではないものの、中国人を相手にしているよりは、懐かしい彼らと接している方が、まだマシだ(笑)色んな話も聞けるし。
そんな彼らの中でも、一番親しくしている商社マンから、ここ中国で、カラオケ接待した時の面白いエピソードを聞いたので話したいと思う。

 

 

もう一度、言っておくが、俺はけして「暇」ではない(笑)

 

 

彼の名前は「(仮名)平澤」さん。

 

体格が良くて、優に体重は100キロを超えている、営業マンらしからぬ、だらしない体の持ち主である。
俺は日本に居た頃から彼を「ブッチャー」と呼んでいた。
けして「額(おでこ)」にキズがある訳ではなく、単なるデブだからである(笑)
とにかく優しい性格で、誰からも愛されるキャラクターだ。
この話は、ちょうど1ヶ月ほど前のことになる。
ブッチャーが上海に来る時は、ほとんど1人で来るのだが、その時は、新商品の開発も兼ねてたらしく、取引先の社長も同行していた。
なので俺には、今回は会いに行けないかも…と事前に連絡があったので、少し寂しかったけど(すっかり恋人気分ww)

 

 

きっと彼は、俺に会いに来ると確信していた(笑)

 

 

その日は、30度を超える真夏日で、デブにとって…いや、ブッチャーにとって…いや、デブにとって…って、どっちも同じだけど(笑)とにかく暑くて、汗だらだらの日だった。
取引先の社長にとっては、初めての中国。
半分は観光も兼ねてたらしく、そのガイドもブッチャーの役目。
しかし、デブという生き物は、暑さに弱く、すぐに思考回路が破壊され、考える能力ゼロ!
仕方がない…デブなのだから。
そんな汗まみれでハァーハァー唸っている頃

 

俺の携帯が鳴った…ブッチャーからだ!

 

(つづく)

 


中国カラオケ接待の風景 episode2

平日14時の発情妻たち

中国でのカラオケ接待体験談A

 

 

その日は、30度を超える真夏日。
細身の俺ですら暑いのに、デブにとっては、炭火の上で焼かれてる気分であったに違いない。

 

そんな焼き豚になりかけているブッチャーから、さっそく電話が鳴った。

 

ブ「(ハァーハァー・フガァーフガァー)」←鼻息が彼の第一声である。

 

俺「お疲れちゃん!ブッチャー!」

 

ブ「あっ!お疲れ様です!お世話になっております。平澤です!(ハァーハァー)」

 

さすが商社マン!鼻息は粗くても愛想だけは素晴らしい♪

 

俺「…っで、どうしたの?」

 

ブ「あっ!主任、今、忙しいですか?取引先の社長と、ちょっと前に上海に到着したのですが、どこか旨い店紹介してください♪」

 

やっぱり(笑)会えないって言ってたくせに、到着するなり電話掛けてくるなんて…さすがブッチャー!暑くて思考回路ゼロ(笑)

 

それで俺は、せっかく日本から中国に来たのだから、旨いと評判の「中華飯店」を教えてあげた。

 

ブ「あっ!すみません!ありがとうございます!さっそく行ってきます!もう〜電話しませんからご安心ください(笑)」

 

俺「言っておくけど、俺も暇じゃないからな(笑)」

 

慣れ親しんだ会話を交わし電話を切った。

 

なんだか少し寂しく感じたのは俺だけだったのだろうか?きっと…ブッチャーから、また電話が来るはずだ(笑)

 

こんな性格の男だから、取引先からも信頼が厚く、仮に(?)いや実際に、デブであっても仕事に関しては、真面目に一生懸命行う「デキる男」として評判だった。

 

そんな彼に、俺も仕事に対しては信頼出来る唯一の1人でもあった。

 

前回、ブッチャーが上海に着た時の昼も、たしか俺と2人で中華を食べにいったはずだつた。

 

そういえば…彼、チャーハンをおかずに、ライスも注文してたっけ(笑)

 

店員さんが、チャーハンをおかずにライスを食べるブッチャーを見て、大笑いしていたのを思い出した。

 

もしかしたら、今日も、チャーハンおかずにライスを食べてるのだろうか?と、1人で思いだし笑いをしていたら、事務所の女の子が、キモイって顔で俺を見ていた(汗)

 

すると、めちゃめちゃいいタイミングでブッチャーからメールが届いた。

 

しかも写メ付きで(笑)

 

チャーハンだった(笑)横にはライスもあった!

 

そして、本文には『今夜、接待で連れて行く「カラオケクラブ」を教えて欲しいです!』と書かれていた。

 

さっき、もう電話しません!と言った意味がわかったけど…メールも同じじゃねーかって、また、携帯見ながらニヤニヤしていると、事務員の子と目が合った。。。(泣)

 

(つづく)

 


中国カラオケ接待の風景 episode3

平日14時の発情妻たち

中国でのカラオケ接待体験談B

 

 

仕事や観光で中国を訪れる人達が、接待で必ずや利用するのが「カラオケクラブ」だ。

 

カラオケと言っても、日本のカラオケボックスではなく、お姉ちゃんが接客してくれるお店のことで、日本でいうならば「キャバクラ」のようなものだ。

 

ただ、日本と違うのは、席に着いたら、お姉ちゃんが案内される訳ではなく、中国の場合は、何名かの女の子がズラリと並んで、その中から気に入った女の子を選ぶというシステムになっている。

 

もちろん、お姉ちゃんが接客しない、日本のようなカラオケもあるにはあるが「カラオケ接待」と言ったら、ほとんどがお姉ちゃんのお店になる。

 

そして、これまた有名なのが、中国の「カラオケクラブ」は、そのお姉ちゃんと話し合い次第では、お持ち帰り出来るということだ。

 

これは、もちろん違法である。

 

だから店側は一切関与していない。いや、していないようにしているのかもしれない。

 

それもそのはず、万が一、買春行為を店側がやらせていれば、営業停止になる他、ママや従業員、女の子まで罰せられるからである。

 

だからといって、一切関与してないはずがない。

 

女の子は、客と店外デートの話しが成立したら、店側には「早退」という扱いで外出することになる。

 

そう、あくまでも「早退」である。

 

すると店側は、「早退」=「罰金」として、女の子から徴収することになるので、それがいわゆる、店側の「紹介料」と言っても良いのかもしれない。

 

一つ、気をつけなければならないので、警察(公安)が、店側とグルになっているという噂を聞いた事がある。

 

わざと店外デートに誘い、ホテルに入った所で、公安が表れ「御用」というパターンだ。

 

そんなうまい話がある訳がない。

 

なので、悪質な店は、公安の一部のつながりのある者とグルになって、日本人を捕まえ、罰金を取り、あとで店側と折半しているという…あくまでも噂だ。

 

念のため、ブッチャーにも、その説明を書いて、何軒かの「カラオケクラブ」をメールで返信してあげた。

 

大丈夫だと思うけど…ブッチャーにとっては、俺が居ない夜の上海。

 

きっと不安に違いない。きっと…また夜に連絡があるだろうと心配しつつ、携帯のメールを恋人を心配するような目で、うるうるさせながら見つめていると…また事務員の子と目があった。

 

今度は、やや呆れ顔に見ているようにも感じられた(泣)

 

(つづく)

 


中国カラオケ接待の風景 episode4

平日14時の発情妻たち

中国でのカラオケ接待体験談C

 

ブッチャーこと、俺の日本のマブダチ「平澤さん」彼は優秀な商社マン。

 

そんな彼が、上海に取引先の社長と共にやって来た最初の日。

 

事件はやっぱり起きた・・・

 

その日は、昼に俺が教えた「中華飯店」で飯を食ったブッチャーと社長さん。

 

以前から俺は、ちゃんとした店でも衛生面に関しては信用出来ないのが中国だから、屋台等で売っている物は食べるなよと、口すっぱく注意をしていた。

 

にもかかわらず、デブという生き物は、目の前に旨そうな食べ物を見ると、食べずに入られなくなる。

 

それはまるで「千と千尋の神隠し」の千尋の両親が、中華飯店でむしゃむしゃと食い物を食べ散らかし、豚になってしまうのと一緒だ。

 

なんとブッチャーは、俺の忠告すら忘れてしまい、中華飯店から出たあと、怪しい路地で、生春巻きを食べたという。

 

中国で「生モノ」ほど危険な食べ物はない。

 

ブ「(ハァーハァー)あっ!ひら、平澤です・・・(フガァーフガァー)主任、、、腹壊しました〜助けてください〜(泣)」

 

そんな電話が掛かってきたのは、17時を過ぎた頃だった。

 

俺の不安は別な意味で的中した(笑)

 

俺「えーー!大丈夫?何食べたんですか?まさか、チャーハン&ライスが原因とは思えないけど」

 

ブ「(ハァーハァー)じ、実は、お店を出たあと、社長と屋台でマグロみたいなのが入った生春巻きを食べちゃったんですぅ〜〜(泣)」

 

俺「何ぃーー!俺があれだけ生モノは危険だって言ってたのに!それで今はどこに?」

 

ブ「(ハァーハァー)ホテルにチェックインして、トイレにこもってます。社長もピーピーで・・・困りました(フガァーフガァー)

 

俺「そっきから、そのハァーハァー、フガァーフガァーって言う鼻息やめてくんない(笑)受話器の向こうから、ブッチャーの口の匂いがしてくるようだよ(笑)とりあえず、ホテルのフロントに言って、胃腸薬をもらって飲んだ方がいい」

 

ブ「(ハァーハァ…)わ、わかりました!ありがとうございます!」

 

まるで子供のようだ(笑)そんな事で、わざわざ俺に聞かなくたって、普通、大人だったら胃薬飲んだりするのだが、上海に居る時のブッチャーは、すべて俺に頼ってくる。

 

そんなブッチャーだから、俺も彼の為なら何でもしてあげられるのかもしれない。

 

何だか、この先の接待が、まるで自分のように心配になってきた。

 

大丈夫か!?ブッチャー!中国の女は手ごわいぞ!

 

(つづく)

 


中国カラオケ接待の風景 episode5

平日14時の発情妻たち

中国でのカラオケ接待体験談D

 

あれだけ口すっぱく、中国の「生モノ」は危険と伝えてあったにも関わらず、怪しげな屋台で、生春巻きを食べて、腹を壊したブッチャーこと平澤さんと、接待で同行してきた取引先の社長。

 

俺に助けを求めるものの、腹痛の時は胃薬に決まっているってことで、胃薬を飲むように伝えた俺(笑)

 

はたして、この接待…うまくいくのか、他人のことながら心配していた頃、再び電話の着信音が鳴った。

 

相手はブッチャーからだった(笑)

 

ブ「(ハァーハァー)」

 

さっき鼻息のことを忠告したからなのか、やや鼻息が静かにも感じる。それとも、腹痛が悪化したか!?

 

俺「平澤さん?どうしたの?大丈夫?」

 

ブ「(フガァー)あっ!平澤です!先ほどはありがとうございます!すっかり良くなりました。社長も元気になり、ピンピンしています!」

 

俺「それは良かった!ところで、この後は?飯食って、カラオケかな?」

 

ブ「いや…飯は、やめときます(笑)もう少ししたら、カラオケクラブに行こうと思うのですが…ちょっぴり不安です。。。」

 

俺「いやいや、そんなこと言われても(笑)不安って、どっちが不安なの?またお腹が下ることが不安なのか?カラオケで騙されるのが不安なのか?」

 

ブ「ど、どっちもです!」

 

俺「とりあえず、今日は、携帯の電源ずっと入れておくから、何かあったら電話して!…って言うより、接待でしょっ!しっかりしなきゃ(笑)」

 

ブ「あっ!は、はい!頑張ります!また連絡します!」

 

何の電話だったのか、さっぱりわからないまま俺は電話を切り…そして無意識にいつもの癖で電源を切ってしまったのだ!

 

そう、中国に居る時は、夜、うるさい中国人の下請け業者から電話が掛かって来るので、いつも仕事以外の時間は電源を切るようにしている。

 

急ぎがあれば、家の電話に掛けてくるように、周りのスタッフには教えてあるので、すっかり俺は、ちょっと前にブッチャーに電源を入れておくって約束したことを忘れ、電源を切ってしまったのである(笑)

 

そんなこととも知らずに、ブッチャーと社長は、下痢したことすら忘れ、浮かれ気分で、上海の繁華街に繰り出した。

 

そう、昼間に俺が教えた「カラオケクラブ」へ彼らはタクシーで向かっていたのだ。

 

俺の居ない上海の夜遊び。

 

はたして、ブッチャーと社長は、無事に楽しい夜を過ごすことが出来るのだろうか?

 

万が一、何かあっても…俺は、電源を切ったまま爆睡している(笑)

 

(つづく)

 


中国カラオケ接待の風景 episode6

平日14時の発情妻たち

中国でのカラオケ接待体験談E

 

 

俺が教えた「カラオケクラブ」に向かった「ブッチャー御一行様」

 

不安だらけの接待で、俺の助言だけを充てに行動をするブッチャー。

 

途中、下痢をするというアクシデントに見舞われながらも、無事に生還し、一面を取り留めた2人の日本人カモ客(笑)

 

そんな俺はと言うと、仕事を終えて、疲れ切った(?)カラダを癒すかのように、シャワー浴びて、自宅で「青島ビール」で晩酌を始めた。

 

もちろん電源を切ってしまった事など、まったく頭にあらず(笑)

 

ここからは、翌日談でブッチャーから聞いた話になる。

 

まさか…そんな事になっていようとは、この時、誰も知る由もない。

 

タクシーに揺られながら、無事にお店に到着したブッチャーと社長。

 

そういえば、ここまで社長についてのスペックは一切話していませんでしたが、後日談でブッチャーから聞いた話では、この社長、かなりの強者だったらしく(笑)

 

「デブ・ハゲ・チビ」と日本人観光客を代表するような典型的なカモ客だったらしい。

 

そんなブッチャーも人のことは言えない容姿のクセして、他人には意外と厳しい一面がある。

 

そんな2人、店内に入るなり、ボックス席の方に案内されて、まずはボーイが、お酒を用意してくれて「乾杯!」

 

チョビ髭オヤジの社長は、下痢してたにもかかわらず、ホテルで既に飲んできた様子で、かなりご機嫌だったらしい。

 

俺の知っている限りでは、チョビ髭でチビでデフと言えば、100%と言っていいほど「スケベ」が多い。

 

席に座るなり、辺りをキョロ・キョロと舐め回し、女の子が来るのを今か今かと待ち望んでいる様子だったという。

 

ブッチャーと言えば、とにかく騙されないか心配で終始ソワソワっ(笑)

 

もちろん、俺が行ったことがあるお店で、事前にデブ男が行くということを、お店のママに伝えておいた。

 

なんて俺は親切なんだろうって、つくづくこのとき思った(笑)

 

そんな事とも知らずにブッチャーは、昼間にメールした俺のカラオケの危険マニュアルを、何度も何度も見直しながら、ビクビクとおっきい体して、ちっちゃくなってたらしい。

 

そんなブッチャーの横で、小ブッチャーが…早く女をつけろと、ピーチク、パーチクと大ブッチャーを困らせていたようだ。

 

そこへ、数名の中国人美女がブッチャー御一行様の元へ案内されてきた。

 

喜ぶ小ブッチャー!ビビる大ブッチャー!寝る俺。

 

(つづく)

 


中国カラオケ接待の風景 episode7

平日14時の発情妻たち

中国でのカラオケ接待体験談F

 

 

さてさて、携帯の電源を切ったまま、夢の世界へ導かれ、お花畑で妖精たちと遊ぶ俺。

 

そんな事とも知らずに、何かあったら連絡が取れると安心しきっているブッチャー。

 

そして…今回、実は「強者」だったというブッチャーの取引先の社長こと「チョビ髭おやじ」通称・小ブッチャー♪

 

中国に出張に来た2人のブッチャーが、その夜、向かった先は、俺が教えた「カラオケクラブ」

 

不安だらけのブッチャーとは裏腹に、中国美女を持ち帰る気満々の小ブッチャー。

 

さっきまで、生春巻き食って下痢してたとは思えない程の元気ぶりだったらしい(笑)

 

そこへ現れた中国雑技団…ではなくて、中国美女軍団。

 

社「平澤さ〜ん、どれでも好きな子を指名していいのかい?(でへへっ)」

 

ブ「(フガァー)たぶん…大丈夫です!しゃ、社長の好みは?」

 

社「そうだなぁ〜一番右側の巨乳ちゃんがいいかなぁ〜(でへへっ)」

 

ブ「マ、ママぁー!す、すみません。この子とこの子を指名させて頂いて大丈夫ですか?」

 

…とまぁ〜店の中でも一番の美女2人を選んだブッチャーども!不安がってるクセして、そこのところは抜け目ないブッチャー(笑)

 

俺が紹介したカラオケは、中国式のお店なので、基本お触りOK。

 

小ブッチャーは、それを知ってか知るまいか、隣におねーちゃんが座るなり、デレデレのドロドロのブハブハ状態で触り放題。

 

ブッチャーは、そんな光景を見て、ハラハラ・ドキドキしまくりで、怖いお兄さんが出てくるんじゃないかってソワソワしていたようです(笑)

 

小ブッチャーは、ブッチャーが心配しているとも知らずに、おねーちゃんに触りまくるは、キスしようとするわ、仕舞いにはチンポを出そうとするわで大騒ぎ!まるで日本のセクキャバだと勘違いしている様子。

 

ブ「しゃ、社長、まぁ〜まぁ〜飲みましょう!」

 

酒を勧めるが『そんなの関係ねー』状態。ブッチャーの目には、小ブッチャーが小島よしおに一瞬見えたらしい…。

 

それで、このままだったらマズと思ったのか、ブッチャーは席を外してトイレへ。

 

そう!俺に電話を掛けに向かったのでした。

 

もちろん俺は夢の中♪妖精たちと、あ〜でもない、こ〜でもないとお触りし放題♪(もちろん夢の話し…)

 

ブッチャーが俺に電波を掛けると…もちろん
(こちらはauです。お掛けになった電話は、電波の悪い地域におられるか、電源が入っておりません)

 

ブ「えぇーーーーーーーーー!」

 

リダイヤルを試みるブッチャー!
(・・・電源が入っておりません!)

 

再びリダイヤル
(・・・電源が入っておりません!!って言ってるだろうがボケ!)
とは、アナウンスされていないだろうけど(笑)

 

何回も何回も俺に電話を掛け続けるブッチャー!

 

その頃、小ブッチャーは・・・

 

(つづく)

 



 
SPA接待 カラオケ接待 デリヘル接待 1次会食事接待 観光・ギャンブル接待