ベトナム携帯電話SIM設定方法 VIETTEL版

どうも!いつも訪問ありがとうございます。

中堅○社マンです。
今回はベトナムに出張の機会がありましたので、マレーシアのMaxis版につづいて同じような内容ですが、ベトナム版です。
(接待時に重要になってくるかもしれない「携帯電話の設定方法」について自分への備忘録も兼ねて掲載させて頂きます。)

ベトナムの空港から出てまず何をするか? ですが、お迎えの方が来ていればそのまま車やタクシーで移動となり携帯電話も必要ないかもしれません。

が、迎えもなく!!自分自身で目的地まで移動となるとベトナム国内での携帯電話の通話、さらには最も重要と言っても過言ではない「ネットワークへのアクセス=データ通信を可能とすること」が死活問題になりますね。逆にネットワークに繋がっていれば、Google翻訳やGoole Map、Googleナビも利用可能となりますので雲泥の差と言っていいでしょう。

というわけで、空港内で購入するのが一番安いかは別にしてベトナムの空港内で購入したSIMのネットワーク接続方法です。中堅○社マンの携帯がダブルSIM対応ですので、ダブルSIMの設定前提です。

今回は5日間程度のネットワーク(データ通信のみ)使用可能で音声通話は行わない設定のSIMで料金はUSD$9程度でした。なぜかというと通話に関してはほぼ利用しない、Maxisの番号で受けれるからということでデータのみのSIM選択です。

まず電源を切りまして、SIMを挿入します。SIM1には従来のマクシスのSIMのまま。
SIM2には購入したVITTELのSIMを挿入。
SIMロックパスワードはSIM1の最初のパスワードのみ入力。

ベトナム携帯電話設定方法

ベトナム携帯電話設定方法

携帯の設定画面から。。。

設定 → デュアルSIM
→ SIM1、SIM2ともに有効に変更
→ 通話:SIM1orSIM2どちらかを選択
→ モバイルデータ通信:SIM2(CARD2)を選択

ここまでがデュアルSIMの設定有効化です。

次にネットワーク設定

設定
→ もっと見る
→ 無線とネットワーク
→ SIMスロット2を選択
→ 通信事業者の検索
→ VTを追加

→ APN
→ 名前:VT
→ APN:V-Internet

→ 優先ネットワーク:4G/WCDMA/GSM(自動)であることを確認

 

今回はこれでSIM2のVIETTELのネットワーク接続が常時可能となりました。

ベトナムでの「お客様の携帯電話の設定経験」も重要な接待スキルの一つでしょう!

<お願い>
夜の接待ガイドバイブルを目指しております「夜のアジア接待辞典」ですが小生だけでは情報収集力に限界がありますので、是非皆様の投稿もお待ちしております。 日本国内外、アジア 等は問いません。接待で使えるお店(一次会、二次会問いません)の情報、体験談をお待ちしております。



Booking.com