銀座クラブ チック  GINZA Club CHICK その1

いつもサイト訪問ありがとうございます!

銀座で接待を受けた「M」さんからの投稿です。

その前に。。
<お願い>
夜の接待ガイドバイブルを目指しております「夜のアジア接待辞典」ですが小生だけでは情報収集力に限界がありますので、是非皆様の投稿をお待ちしております。 日本国内外、アジア、欧米、中南米 等は問いません。接待で使えるお店(一次会、二次会問いません)の情報、体験談をお待ちしております。相互情報交換によりサイト情報が充実すれば訪問者の皆様にとっても有益となること間違いなしです。
<お願い終わり>

 

<ここから本題>

私はIT関連の仕事をしている「M」と申します。

先日、海外勤務を終え、無事に日本に帰国しました。
そして帰国早々、取引先に帰国祝いということで、接待をしていただくことに。
その時のお話をしたいと思います。

帰国したのは3月の終わり。
引っ越しの片付けも終わらないまま、取引先へと挨拶周り。
最後に行った、親しくさせてもらっている会社の社長に捕まってしまったのです。

もちろん接待される訳ですから、嫌ではないのですが、その社長と飲むと…以前は朝までコースが多くて。
覚悟はしていましたけどね。

挨拶を終えると、さっそく「飲みに行こう!」という話になって、タクシーが会社の前に既に到着済。いつもの新大久保あたりの韓国居酒屋で飲むのかなって思っていたら、久しぶりに帰国したお祝いだからといって、銀座へと向かっていました。まさかの銀座に嬉しいような緊張するような。

「社長、わざわざ銀座じゃなくても」
「いやいや、Mさんがせっかく日本に帰ってきたのだから、ワシ、奮発して銀座をご招待するよ」
そう言って社長はとてもご機嫌の態度をみせてくれていました。

一軒目は、銀座でもこんなお店あるんだって思うような、普通の居酒屋さんで、食事&お酒。
「次、行くお店は19時からやっているので、ささっと食べて次に行こう!」という訳だったのです。銀座でそんなに早くから空いている飲み屋さんもあるのかな?って思いながらも、ビール片手に、焼き鳥を食べながら、ひとまず空腹は満たされました。

そして向かった先が銀座のクラブ「チック」というお店でした。

どうやらこのお店、テレビドラマ等でも使われるお店らしく、店内の装飾は素晴らしく豪華でした。

19時早々に到着した割には、既に何組かの先客がおり、なかなかお店は繁盛しているようにも思えました。あとで分かったのですが、芸能人なんかもお忍びで来られるお店のようです。

そんな情報は別として、私と社長は、ボックス席に座り、いよいよ私の本格的な帰国祝いへと進むのでした。

その2へ続く