名古屋接待体験談 大曾根ヘルス アイリス その2/5

名古屋接待体験談 大曾根ヘルス アイリス その2 です。(全5回シリーズ)

全国のつわもの社長達に会っているうちに、だいぶ免疫力がついた、あたくしも、そんじょそこらのことでは動じなくなっていた(笑)

夜の接待を楽しみにしつつ、夢見に包まれていると…
突然、部屋の電話が…(リン、リン、リン~)
「リン、リン、リン~って、いつの時代の電話やねん!」と、どうでもいい所に、ツッコミを入れながら電話に出てみると、今回の登場人物「田所社長」だった。

「いや~吉田さん、すんまへん。携帯どこかに見えなくしちゃって~。お迎えに来ましたでぇ」
「あっ、しゃ、社長!えっ、もうそんな時間ですか?」
時計を見てみると、時間は17時30分!30分早いねん!っとは言えず、急いで支度することに。

ロビーに降りてみると、そこには、デブ・ハゲ・チビの三拍子揃った社長さんが。

思わず「(お前もか!)」ってツッコミたくなるような容姿に動揺を隠せませんでした(笑)。

社長というものは、もしかするとデブ・ハゲ・チビなのかも知れない…と、自分の胸にそう言い聞かせて、お世話になるむ社長に付いて行く事になった。

↓風俗業界の健全化を推進するSOD覆面調査団 風俗ランキング 割引業界安値宣言↓

 

「吉田さん、名古屋は初めてでっか?」
「いいえ、何度が出張で来ております。つい数ヶ月前も…」
「そうでっか!それなら、夜の方も詳しいんちゃうか(笑)ウホホっ」

ウホホって…(笑)お前は、笑うセールスマン「喪黒福造」か!って(笑)
そんなこんなで、今回の名古屋出張も、どうやら楽しくなりそうな気がしてきたのです。

タクシーを降りると「ひつまぶし」のお店の前に到着。
「(ははぁ~、ひつまぶしを食わせる気だな)」と思っていると…
「吉田さん、焼き鳥好き?」
「(ドテっ!焼き鳥って…)は、はい!好きですよ!」
「それは良かった!そこにうまい焼き鳥屋があるから行ってみよー!ウホホっ」

まあ、とにかく「ウホホっ、ウホホっ」と最後に必ず笑う社長さんでした(笑)
そんな中、綺麗な焼き鳥屋さんへと、入っていったのです。
そこは名古屋コーチン専門のお店。

なるほど!見た目は、ちっちゃいけど、案外、お洒落なおっさんかも!と、この後の接待にも期待が高まるばかりでした!

その3へ続く