名古屋接待体験談 大曾根ヘルス アイリス その3/5

名古屋接待体験談 大曾根ヘルス アイリス その3 です。(全5回シリーズ)

本題の前に。。

いつものお願いですが、、

<お願い>
夜の接待ガイドバイブルを目指しております「夜のアジア接待辞典」ですが小生だけでは情報収集力に限界がありますので、是非皆様の投稿をお待ちしております。 日本国内外、アジア、欧米、中南米 等は問いません。接待で使えるお店(一次会、二次会問いません)の情報、体験談をお待ちしております。相互情報交換によりサイト情報が充実すれば訪問者の皆様にとっても有益となること間違いなしです。
<お願い終わり>

<ここから本題>

乾杯~~!!
我々商社マンの鉄則「人は見かけによらぬ」とは、まさにその通りだった。
社長は、意外にもお洒落で、とっても気の利く紳士的な方だったのです。

前回のスケベ社長とは大違い(笑)
・・・いや待てよ、いい人に限って飲むと変貌したり、お姉ちゃんの店では、とんでもない行動を起こすかもしれない。。。要観察しておこう。

そんな事を思いつつも、出される名古屋コーチンをたっぷり堪能しながら、時間は刻一刻と、第二ステージへと進むのでした。はたして、あたくしの期待を越えるようなお店へ連れて行ってもらえるのでしょうか(笑)

「吉田さん、お腹大丈夫?まだ食べれるかい?ウホホっ」
「いいえ、もうお腹いっぱいです。ありがとうございます」
「じゃ、次に行きましょうか?ウホホっ」
「(ヨッ!待ってました!)あっ、はい、ありがとうございます!」

こうして後ろ髪ひかれる思いで(?)いや、はりきって次のお店へとお供させていただいたのです。連れて来られた場所は、錦にあるキャバクラのようでした。

店名は「Imperial Club Legato (レガート)

見るからに高そうなお店です。

しかも、お姉ちゃんたちも、綺麗なドレスに身をまとった、べっぴんさん揃い!
更に社長のことを見直してしまいました。
この人・・・接待慣れしてるかも。

・・・と思ったのも、一軒目の焼き鳥屋でも、このキャバクラでも、皆さん、社長に頭を深々と下げるほど、常連さんっぽくて。かなり遊んでいるか、この辺の顔利きなのか?(笑)たしかに、あの笑い方は以上だ(笑)ウホホっ

たった2人のボックス席に、お姉ちゃんが5人!

↓風俗業界の健全化を推進するSOD覆面調査団 風俗ランキング 割引業界安値宣言↓

 

うひゃ~左右に綺麗なお姉ちゃん、更に前にも。誰と話せばいいの状態って感じです。
「吉田さんはどちらからですか?」
「あっ、は、はい、ぼ、僕は、と、東京ですたい」
「えっ?ですたい?って?」

思わず緊張のあまりに、博多弁まで出てしまうという、全国出張族の欠点がポロリ。そんな会話を楽しみながら、いよいよ最大のクライマックス接待へと導かれるのでした。

その4へ続く

〇場所 35.172932, 136.905522