接待とプレミアムフライデー批判の件に思う  新宿高級キャバクラ 蘭〇 に行ってみたい

いつもサイト訪問ありがとうございます。

いつものお願いですが、下記お願い致します。

<お願い>
夜の接待ガイドバイブルを目指しております「夜のアジア接待辞典」ですが小生だけでは情報収集力に限界がありますので、是非皆様の投稿をお待ちしております。 日本国内外、アジア、欧米、中南米 等は問いません。接待で使えるお店(一次会、二次会問いません)の情報、体験談をお待ちしております。相互情報交換によりサイト情報が充実すれば訪問者の皆様にとっても有益となること間違いなしです。
無料で動画みれるエログちゃんねるさんも訪問してあげてください。
<お願い終わり>

ちょっとニュース記事をMSNで見て思ったのですが、プレミアムフライデーが批判されているとのこと。

くそ忙しい月末の金曜日なんかにするなとか、色々と上手く言っていなくて批判になっているようです。ネットの批判の声をそのまま色々と書いている記事ですが。
参照元)読売オンライン

最近のマスコミはネットの声をそのまま取材対象に取材もせずに記事化するので、まあネットの声をそのまま信じるのはどうかと思っていますが。記事は月初に移そうが、「働き方を抜本的に変革しないと意味がない」との声を強調していました。

夜のアジア接待辞典的にはプレミアムフライデーの目的は消費を喚起することも目的と考えているので、

消費となればやはり接待をもっと増やせば世の中のお金は回る!

つまり 企業が使える「接待費」を増やすわけです。

所謂、接待交際費の範囲を広げて、プレミアムフライデー(金曜日でなくてもいいが)は自社の営業マンが自社の人間を接待しても領収書で経費として落とせる。

企業側も接待交際費名目で税金が免除できる!というメリットがあります!

場合によって、年に1回でも2回でもいいが、

営業とかでなくても一般社員が家族に対して、接待としてプレミアムフライデーには1人あたり5千円、1万円の飲食の領収書を認めて、

家族/友人と飲食しても会社の経費で落とせるようにするのです。

大企業さんの場合、2千人の従業員の例ですと2000人x1万円で2千万円の接待交際費になりますが、接待交際費名目での税金免除できますから問題ないでしょう。
ここをケチって1人1千円までとかすると意味ないです!

家族4人としてちょっといいものをタップリと食べれるくらい、最低5千円くらいは法律で認めてあげて欲しいものです。
企業経営状態によって無理なところもあると思いますが、

景気回復のために 「家族や友人」を会社の経費で接待!

日頃の労をねぎらってもいいという経営者の方もいらしゃると思います。

 

さて本題ですが、

接待経費で行ってみたい新宿の 高級キャバクラ 蘭〇 RANMARUさんはいかがでしょうか?

中堅〇社マンは行ったことがないのです、キャバクラの老舗でかつ、場所は歌舞伎町のど真ん中!
お薦めは ちょっとセクシーなショータイムがあることです。

詳しくは こちらの サイトをご覧ください。

このショータイムですが、かなりレベルが高く、そして綺麗どころが狭い店内を所狭しと踊るようなのです。
老舗のキャバレーでもショータイムはありますが、キャバレーより更に高級感がある衣装、踊り、踊り子さんになっているようです。

客単価は3万~5万円程度ですので、場所柄もありますが、高級店の部類でしょう。
このショータイムは外国からのお客様にも喜んで頂けるようで、2次会の接待目的には非常に合っていると思われます。

日本、新宿、歌舞伎町、高級キャバクラ、ショータイム いいなあぁ!

誰か中堅〇社マンをプレミアムフライデーに接待してくれ!

↓風俗業界の健全化を推進するSOD覆面調査団 風俗ランキング 割引業界安値宣言↓

 

〇場所 35.696696, 139.705040