新宿 ソープランド 体験談「深海魚」

新宿ソープランド 体験談「深海魚」

友人で大手商社に勤務する「ヒデオ」という商社マンの接待体験談。
ヒデオと俺の付き合いは、新宿の1軒の立ち飲み屋から始まった。

ヒデオは、大手商社マンで立派なスーツに身をまとい、俺はというと、青山の2着セールで買った安っぽいスーツを着た中堅商社マンだった。

そんなある日、混み合う立ち飲み屋で相席になった俺とヒデオ。

会話を交わすことなく、ちびちびと熱燗で一杯やっていると、ヒデオの方から俺に話しかけてきた。

ヒ「お兄さん、お仕事この辺ですか?」
俺「え~すぐ近くですね」
ヒ「この辺に、どこか接待で利用できるようなお手頃な風俗知りませんか?」

何だ?コイツ!?唐突に変なこと聞いてきて。まるで俺が安っぽいスーツを着てるからって、安い風俗を知り尽くしているような言い方だった。

確かに知らない訳でもないけど…

俺「風俗ですか?そうだな~何軒か知ってますよ!」

と俺は、一応、大人の対応で答えてみた。

↓風俗業界の健全化を推進するSOD覆面調査団 風俗ランキング 割引業界安値宣言↓

その日は、俺から1軒のソープを聞き出したヒデオは、俺の飲み代をご馳走してくれて帰っていった。ソープ教えたくらいで、ご馳走してくれるなんてスゲーいい人じゃんと思いながら、俺はタダ酒に酔いしれていた。

それから数日後、再び同じ店で飲んでいると

ヒ「あっ!先日はどーも!いや~助かりましたよ。実はね、取引先の社長で、どうしてもソープで接待させろって人がいて困ってたんですよ。俺、ソープなんて行ったことがなかったので、本当助かりました。

俺「どうも。それは良かった。っで、どうでした?俺が紹介したお店は?値段の割には、そこそこだったでしょ?」

俺は、新宿にあるソープランド「深海魚」って店を教えてあげていた。

ヒ「そうですね~。社長は満足してくれてたみたいですが…俺に付いた女の子が、おデブちゃんで(笑)びっくりしましたよ。だけど70分で1人26,000円なら、あんなもんですかね?」

俺「あははっ、そうでしたか!あそこの店、パネルは可愛い子たくさんいるのに、中にはおデブとかも混ざってるんですよね。だけど、社長さんが満足してくれたなら」

ヒ「だけど助かりましたよ!またイイお店の情報あったら教えて下さい!どうですか?これから一緒にソープへ?」

俺「えっ?俺…金ないっすよ(笑)」

ヒ「いやいや、俺のおごりですよ。この前のお礼に」

俺「いいの?」

なんてイイ人なんだろう?それに彼、一体何者なんだろうか?って思いながら、俺は彼の後ろを付いていった。

よく聞くと、深海魚に行って以来、ソープにハマってしまったらしい。しかも、彼はデブ専で、その前回付いた女の子を指名していた(笑)

人の出会いって、どこでどうなるかわからないものですね♪俺は、それ以来、ヒデオと友達関係を続けている。