CASINO(カジノ) Genting Highlands: ゲンティンハイランド

マレーシアにもありますカジノ。
マレーシア唯一公認のCASINOがGenting Highlands (ゲンティンハイランド)! それになります。

Genting Highlands

運営はゲンィング・グループでマレーシア証券取引所にも上場している大きな上場企業の運営です。世界中でカジノ関連の会社は大きな資本で運営されている状況で、マレーシアの大手企業になります。カジノ運営以外にレジャー、不動産、プランテーション事業、発電事業を運営しているとのこと。byウィキペディア

さて、一度だけ行きました。
KL市内からモントキアラの抜けて2時間程度、ひたすら山道を登っていきます。
標高が1800mくらいあるとのことで、途中の景色がジャングルの景色から日本の山の木々に近いような木々に景色が変わります。そして大変涼しく、気温は20℃~10℃程度とのことで涼しく、夜は寒いようです。雲(霧)も発生し避暑地としても十分利用できます。

カジノをせずともホテルレジャーだけでも十分楽しめ、家族ずれもお子さんが小さければ室内遊園地などで楽しめるかと思います。

肝心のカジノですが、中堅○社マンは期待値が低い賭け事はやりませんので、大したレポートはできませんが、ひたすらルーレットをやって時間を潰しておりました。最低bet金額がRM25程度でした。
ボードでのブラクジャックなどディーラーがいる台ももちろんあり、中華系の方々で賑わっておりました。

ゲンティンハイランド

Casino Genting

一度だけマカオのカジノにも行ったことがありますが、あちらも本土からの中国人が目をギラギラさせて賭け事に勤しんでいられるのを拝見したことがあります。あの時の最低bet金額は日本で3万円とか5万円とかで驚いた記憶があります。その金額に比べるとマレーシアのカジノはまだ低い掛け金でポーカーなども楽しめるようです。勿論高い掛け金の台もあるかとは思いますが。

カジノの中では食事、ソフトドリングが無料で頂けるスペースもありますので、賭け事をせずに腹を膨らませて帰ってくるだけでも。。。というわけにはいかず、せっかく行ったのだからと賭けて、スッカラカンになり帰ってくるので関の山でしょうか!?

そうそう!初めて行く方は必ずパスポートを持参下さい。1回目でゲンティンカードなるもを作成してそのカードにポイントや現金残高が入ることになります。2回目以降はパスポート要らないとのこと。
2回目行った時に確認しておきます。

ゴルフもやらないお客様で週末の時間を潰すのに観光兼ねてご案内するというパターンはあるかと思います。いずれにせよカジノが好きかどうか、カジノせずとも避暑地に観光兼ねて週末に案内するのを希望されるかを確認してご接待するのがいいかと思います。



Booking.com