名古屋 新栄 人妻ヘルス LUXURY ラグジュアリー体験談2

〇名古屋 新栄 人妻ヘルス LUXURY 体験談 その2

古い付き合いの先輩にサイト掲載用として風俗の体験談をお願いしたところ、多少脚色有り??で先輩が名古屋の人妻ヘルス体験接待談を送ってくれました。吉田先輩(仮名)執筆の才能あるなと感心しつつ、こんなサイトで筆おろしの体験談&素人童貞まで告白しなくてもいいのにと思いつつ、、ホンマかいな!?と突っ込みも入れられず、、そのまま掲載させていただきます。
吉田先輩!辛い筆おろし体験談(笑)&素人童貞の告白ありがとうございます!

———–その2 ここから——-
そんな訳で、朝の7時半に名古屋に到着した、あたくし。
社長はんとの待ち合わせは、8時に「出口13番」の階段の付近…

なんやねん、その細かい待ち合わせ場所は!と思いながらも、少し時間があったので、新幹線のホームにある、立ち食いの、きしめん屋「住よし」へ ここは出張サラリーマンの穴場中の穴場!

名古屋に来たら必ずと言っていいほど、ズルっズルしちゃうお気に入りの、きしめん屋さんです。

朝は、ちょっぴり混んでたので、出て来るのが遅くなって、5分前に慌てて、きしめんを食べて、急いで出口13番へ

そして一言…

「居ない。」

おっさん!人を朝っぱらから呼んでおいて、遅刻するとは何者じゃい!と思いながら、電話しても…

「出ない。。。」

おっさん!まさか、早朝ヘルス行ってるとちゃうんかい!っと、イライラしながら、待てど暮らせど、一向に現れる気配なし。

再び電話…「出ない。」

社長の会社に連絡を取ってみたものの、直行するとの事で、会社には居ないと、冷たく電話を切られる。仏のあたくしも、さすがに、朝っぱらから呼ばれた事もあり、イライラもピークに達した所で、社長から着信アリ!!

社長「あっ!吉田さん!(←あたしのこと)ごめん、ごめん、ちょっと遅れてて(みゃーみゃー)」

あたし「(みゃーみゃーって…)いやいや、社長、もう着いてますから、慌てずゆっくり来てください!…っで、何時頃着きますか?」っと、怒りを押さえながら、大人の対応をする、あたくし。

社長「9時ちょっと過ぎくらいかな」

おい!ハゲ!コラー!

…とは、腹に思ってても、口には出しませんでしたが、9時って。。。それなら東京出るの、1時間遅らせれたでしょ~と思いつつも「待ってまーす!」の元気な一言で電話をガチャ切りしてやった、あたくし。

おっさん!本当に、早朝ヘルスかも!と疑いながら、1時間待っていると。。。。汗だくで走って来る、おっさんの姿が…社長だ!

社長「いや~悪い、悪い!」

あたし「お疲れ様です!どうしたんですか?まさか、早朝ヘルスにでも行ってた訳じゃないでしょうね(笑)」と言うと

社長「・・・。」

まさかと思ったけど、ある意味、予想を裏切らない展開にひと安心…じゃなくて、怒り心頭!それでも気持ちを入れ替えて、いざ四日市へ1時間半遅れで出発したのでした。

1時間くらいで到着するのですが、おっさん…打ち合わせもせずに爆睡!

いやはや、とんだ出張初日となったのです。

その3へ続く

↓風俗業界の健全化を推進するSOD覆面調査団 風俗ランキング 割引業界安値宣言↓