名古屋 新栄 人妻ヘルス LUXURY ラグジュアリー体験談4

〇名古屋 新栄 人妻ヘルス LUXURY 体験談 その4

古い付き合いの先輩にサイト掲載用として風俗の体験談をお願いしたところ、多少脚色有り??で先輩が名古屋の人妻ヘルス体験接待談を送ってくれました。吉田先輩(仮名)執筆の才能あるなと感心しつつ、こんなサイトで筆おろしの体験談&素人童貞まで告白しなくてもいいのにと思いつつ、、ホンマかいな!?と突っ込みも入れられず、、そのまま掲載させていただきます。
吉田先輩!辛い筆おろし体験談(笑)&素人童貞の告白ありがとうございます!

———–その4 ここから——-

焼き鳥屋さんを出て、キャバクラへと向かった、あたしと社長。

既に、社長もかなり酔ってて、超ご機嫌です!
そういえば、この社長、朝に一発抜いてきてるはず。(笑)
タフだなぁ~と思って、横を見ると、目が合ってしまって「何?」って言われてしまいました。(笑)
まさか「タフですね!」とも言えば、こちらもニコっと笑って誤魔化すしか理由がなく…。

そんなこんなで、キャバクラに到着。

↓風俗業界の健全化を推進するSOD覆面調査団 風俗ランキング 割引業界安値宣言↓

どうやら常連らしく、おっさん社長に、ベタベタと愛想を振りまくキャバ嬢たち。
よそ者の、あたくしを見て、あんたどこの人?って顔して見るキャバ嬢は、さすがに居ませんでしたが。(笑)

やや年齢層高めのキャバクラにちょっぴりがっかり。
キャバクラというよりは、場末のスナックって感じ。
それでも、あたくの隣には、このお店では、一番若いのであろう、若作りをした30代…う~ん、前半過ぎって感じの女性が、座ってくれました。それなりに、楽しいトークを肴に、お酒を飲んでいると、時計の針は22時ちょっと前。

ゲッ!このままじゃ23時になって、短いコースしか遊べなくなっちゃうよ~と焦り出すあたくし。
そんな事とも知らずに、デレデレしながら、酒を浴びるように飲む社長。
ただただ、あたくしは時間ばかり気にしていたのです。

すると…突然

「吉田くん!出ようか!」と、この日、初めて社長が神様に見えた瞬間でした!

心の中で「(よっ!待ってました!ハゲおやじ!男前!)」と叫び、場末のスナックを後にしたのです。

そして向かった先は、新栄にある、フィールドシティ新栄というビルの1階にある「ラグジュアリー」というお店でした。暗くて分かりづらかったのですが、何かの専門学校の隣にあるビルだったので、ちょっとびっくり!

このお店も、社長は常連らしく、お店のスタッフとも顔なじみって感じで、とりあえず待合室に案内されたのです。

待っている間、あたくしはパネルで女の子を選ばさせてもらって、美人系の「あや」ちゃんという女性を指名させてもらいました。時間もギリギリ、120分で入れるとの事でひと安心。

というのも、このお店、マッサージとヘルスと両方楽しめるお店らしく、せっかくなので社長が120分にしてくれたのです。

ちなみに、120分で32,000円くらいだったと思います。
社長が64,000円払っていたので。

もしかしたら、社長、疲れている、あたくしに気を使ってきれたのかも知れません。
何だか、ハゲなんて陰口言って悪かったな~と、その場だけ反省しちゃいました。(笑)

そして待つこと、10分少々、あたくしから先に案内されたのです。

その5へ続く